FC2ブログ

=第12話=

みなさんこんにちは、歩く経済効果男こと待井忠雄(すずきいちろう)です。
王ジャパンやりましたね! WBC見ましたよ。いやぁ流石イチロー! 私の知り合いの伊東一郎氏(ITカンパニー社長)とは大違い。カッコいいねぇ~!“イチロッー!♪
それ イチロッー!♪”という事で今回は“私の中の WBC”と題しまして、私が今までの人生で味わったW・B・C・(ワ・ーッ、ボ・ク、コ・マッタ!)事件簿をドッカ~~ンと紹介していっちゃOH!

そう、あれは数年前、星野タイガースが優勝した年の5月の事です。その日は日曜日、松代に住むゴルフ気違いのN曽祢博氏とK井沢M泉ゴルフクラブに行く計画でした。N曽祢氏は松代インターの近くに居住していたため、私が彼の家に愛車“アバロン”で向かえに行くことになっており、その途中で悪夢のWBC事件が起こったのです……。

久しぶりのゴルフ、そして私の心の様に澄みきった青空。もう心はすっかりK井沢。そんなウキウキ気分の私に悪魔の手は刻々と近づいて来ていました。FMラジオでは星野タイガース特集。六甲おろしを鼻歌で歌いながら松代ロイヤルホテルそばにあるN野D鉄K東線の遮断機のない踏み切りに差し掛かった時のことです。警報機が鳴りました。あっ! と思ったのですが、私の家の近くのJR線は、警報機が鳴り、遮断機が降り、そしてしばらくしてから電車が来ます。その感覚が染み付いている私は“まぁいっちゃえ!”とアクセルを徐々に踏み出した時です!『ゴォ~~~ !! 』と爆音を轟かせスピードにのった電車が私の目前に飛び込んで来たのです。

“うあぁ~ぁ 死んだ~~~~”

完全に死んだと思った私は、黄泉の国の世界の扉を開けようとゆっくりと瞼を開きました。“あれ! どこだここは ?! んっもしかして生きているのか?! ”ホワンホワンと夢心地の私は、車の外に出てみました。すると、電車は止まり、私の愛車のトランクはフッ飛び、車掌さんが駆け寄って来ました。“だいじょうぶですか?! ”と車掌さん。私は“だいじょうぶみたいです”と答えました。奇跡的に無傷で一命を取り留めた私は次第に事の大きさに気付き始め、ウァー(W)ボク(B) コマッタ(C)!と頭を抱え、もう~マ・イ・ッ・チ・ン・グ・(M) ?! と開き直ったのであります。
正にW・B・C・! しかもメジャー級(M) !!

王JAPANは、メキシコのおかげで命拾いをし、そして奇跡の優勝! 私も奇跡的な命拾いをしました。とっいう事は ?! ……… 私にもこれから世界一の幸せがやってくるハズ! ハッハッハ! \(^o^)/

電車にひかれてもノープロブレム! どこまでも前向き! 奇跡の男、待井忠雄は今日も行く!  完



=第11話=

みなさんこんにちは、待井忠雄(つまぶきさとし)です。
いや~ぁ だいぶ暖かくなってきましたね!ポカポカ陽気に誘われて、ついウトウトと舟を漕いではいませんか?! そんなあなたに一曲。ジャガーズで“キサナドゥー伝説”♪ ジャジャジャジャ OH~ 愛に~ ♪ 生きて~ 死のう~ ♪ (ナビゲーターはバンブー竹内風)という事で今回は『私が愛したラブリーソング ベスト101』と題しまして、私、待井忠雄がこよなく愛する音楽をちょこっと紹介してしまおう!

シャンソン、オペラ、ジャズ、クラシック等、物心ついた頃には一通りやっつけてしまっていた私は、自分の進むべき音楽の方向性に悩んでいました。そんな時出会った曲がこれです。渥美二郎『夢追い酒』♪悲~し~さ~紛ら~す~こ~の酒は~♪。私が小学校4年生で始めて買ったレコードです。今でもたまに歌うと、700円を握りしめ、田中レコード店でドキドキしながらお金を渡し購入したとてもピュアな自分が思い出されます。(今でも心はピュア?)

多感な年頃になると、回りはボンジョビ、カルチャークラブ、J-POPではBOФWY等、皆 ロック系に走り出しました。私はこれらのミュージックも一応に聞いてはみましたが、今一つ違いました。そんな時テレビから流れてきた音楽に心を奪われました。その魂の歌声を聞かせてくれたバンドはそう『ラ・ムー』です。アイドル菊池桃子が外人2人と組んだスーパーロックバンドです。これにはやられました。今までに類を見ない程のテンポ、ダンス、そして歌唱力。見ているこっちが恥ずかしくなるという現象に強い衝撃を受けました。凄いぞ『ラ・ムー』是非復活を望みます。

青春をバリバリの体育会系の某スポーツに情熱を捧げ、身も心もボロボロになった高校時代の私を癒してくれた曲がこれです。加山雄三『海・その愛』、五木ひろし『契り』です。この曲を聞くと、あの頃の地獄の練習漬けの日々を思い出し思わず“バカヤロ~~! 島田ぁ~!”(鬼先輩)と叫びたくなります。(ちなみに、そのお陰でインターハイ、国体に出場しちゃった。 \(^o^)/)

時代は流れ、東京の大学にやっとこさ進学し、千歳烏山の65,000円の木造アパートに住み、生活の足しにとアルバイトに精を出しておりました。昼はパスタ専門店“パラソル”で総料理長、夜は烏山で知る人ぞ知る名店“pub 春ちゃん”で副支配人をしていたあの頃、常連の某大手企業相談役の通称「リュウさん」が歌っていたあの曲が、当時ガムシャラに突走っていた私の心を和ませてくれました。聞いて下さい『シャンハイ帰りのリル』♪リ~ル リ~ル ♪(古すぎ~~!)

歌にはその人その人の、その時々の思い出がそれぞれに詰まっているものでございます。それでは最後に、私の大好きな歌を、私の大好きなナレーションと共にお送りしましょう!………“海は男の働く所、板子一枚その下は地獄の底と分かっちゃぁいても、男は小舟で沖へ出る。北の漁場はオレのもの、北の漁場はオレの海…”♪ 命ぬくめて~酔いなが~ら~♪(演歌ばっかりじゃーーーん!)
おしまい。

=第10話=

皆様こんにちは、私は篠ノ井東町商店街が生んだ未来の金メダルリスト待井忠雄(あさだまお)です。

今回は、今何かと話題の民主党永田議員の”堀江メール”事件において、東スポ的な角度からズバッと斬ろうと思いましたが、昨日飲みすぎて頭が痛いので止めます。”あ~あ具合悪う~?” そうだ!お酒の話しをしよう!という事で、今回はお酒に纏わる etc…”と題しまして、私のお酒に対するこ・だ・わ・り・や失敗話をちょこっとお話しをしたいと思うので皆さんちょっと聞き耳を…(アバンティ風 うぷっぷ~!)

まずはやはり生ビール(2杯)これでエンジンをかけ、その後焼酎(ウーロン割りが多い) 3~5杯飲み、最後は場所を変えウイスキーの水割りを数杯飲みます。肴はあぶったイカもいいけど、イカならイカ刺しの方がいいなぁ。まあ洋食系ではなく、和食系が好きですネ。そんな楽しいお酒を嗜む私ですが、若い頃(今でも若いが - -)は数々の?激ヤバ事件がありました。

そう、あれは7、8年前の冬、長野は一面の銀世界。ゴルフ好きの私は、H木K設(当時勤務) U都Tる氏と、寝た子も起きる元祖ホスト系地上げ屋TカサHウジング T田H晃氏と3人で、群馬県のRイクWッド(数年前、支配人が逮捕された有名なゴルフ場)まで所謂”群馬遠征”に出かけました。久しぶりのゴルフという事もあり、非常に楽しくプレーが出来て、大満足 (^o^)/。長野に帰ってから大反省会を行うことにしました。1軒目は某やきとり屋、3人カウンターで本日のプレーを思い出しながら、ビール大ジョッキをガンガン飲み始めました。大ジョッキ2杯の後は焼酎です。K月というボトルを30分で3本ぐらい空け、次に、U都氏行きつけのスナックSブRナに意気揚々と乗り込み、そこでもガンガンとウイスキーを飲みまくったら・し・い・のです。
ら・し・い・ということで皆さんもうお分かりかも知れませんが、もう私の記憶はなくなっており、これから話すことは、後に、キチガイ酒豪2人から聞かされた事実ですが…。

スナックでウイスキーの一気飲みを繰り返していた私達ですが、標準体質な私は、騒ぐだけ騒ぎ’ぐうぐう’と眠り出しました。しばらくしてからでしょうか、眠っている私はそのままの体勢で、下半身のチャックを探し出しました。そして徐ろにジッパーを下げ、その立派な?! 松茸(えのき)をニョッキリと出し、黄色い液体(やきとり風味)を躊躇することなく放出し始めたそうです。(タレ流し状態)その行為にスタッフは騒然。決まり手は”モロ出し”ですが”モロ出しっぱなし”状態の私の松茸をどうしよう ?! という事になり、勇気ある美人チーママのHろりん?が割り箸を匠に使い、無事私の温かいカゴに収穫してくれました。(^o^)!(ありがとうHろりん!)こりゃダメダという事で漸くお開きの運びとなりました。ヘロヘロの私を、家が近くのT田H晃氏がタクシーで送ってくれたそうです…が、玄関の中まで送ってくれればいいものを、家に入ることを確認しないまま、鍵のかかった玄関の前で別れたのです。外は猛吹雪、そして困ったことにチャイムは故障していて鳴りません。何度となく玄関を叩いたのですが、吹雪による風の音と重なり、部屋の一番奥に寝ている私の母まで聞こえません。私の体力も限界・・・・。”かっかっ母さん オッオ・・オレもうだめだー”という言葉を最後に力尽き、玄関ドアに右手を掛けながら(曙の失神シーンの様な感じで)倒れ込みました。降り注ぐ雪が見る見る私の体の上に降り積もり、待井忠雄絶対絶命!このまま死んでしまうのかー ?! ~~~~~

私は強烈な頭痛と、のどの乾きで目が覚めました。そこには真っ青な顔をした母の姿が。話しを聞くと、夜トイレに起き、その時何か嫌な感じがして玄関を開けてみると、そこには大量の雪を被った我が息子がいた、という訳です。私はあぁ親子の絆とはすごいなぁ~と改めて感じると共に、ヘベレケの私を玄関で見捨てたT田H晃氏を恨みつつ、生きていることの有り難みを実感したお酒失敗?エピソードでした。皆さんお酒は程々に!おしまい。




photo010-01.jpg



プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる