FC2ブログ

そろばんグランプリ・長野県大会

昨日は、そろばんグランプリの長野県大会でした。
そろばんを習い始めて2年半過ぎのわが家の子供たちも初めて出場しました。
朝は、地区の用事があり、送っていかれませんでしたが、
おわり次第、じいちゃんたちも一緒にいってみました。

場所は、諏訪の東京理科大。子供たちのおかげで、いろいろなところに行くことができます。
諏訪東京理科大

また、子供たちが、そろばんを習わなければ、
世の中に、そろばんグランプリなるものが存在していて、
こうした大会が催されていることすら、全く知りませんでした。
そろばんグランプリ
途中からいったので、詳しいことはわかりませんが、
(あとから聞いたら、私たちがいく前は、加減のほか掛、割などの問題を先にやったらしい。)
ついた直後、読み上げ暗算の問題をしてました。5問が予選。
予選の答え合わせは、子供たち同士で交換して先生が答えを言って、採点。
なるほどー。こんなにたくさんの子供たちの答えあわせをどうするのかと思いきや、
こんな方法があったのかー。などと感心。

3問以上できていれば合格で、前のほうの席に移動する。
6問目からは、1問ずつ先生が答えを言い、自分で答え合わせ。
できた子は、そのまま、または前移動、できなかった子は後ろの席に移動する・・・。
読み上げ算も同様でした。

わが家の子たちは出場できるだけで、まあ、ね・・・ではありますが、
一応、予選は通過し、そのあと1問ぐらいは合格しており、もうそれだけで満足。
自分ではゼッタイ無理な問題に真剣に取り組む姿をみて、けっこう胸が打たれました・・・
が、
そんなのアマイ。甘っちょろい。
決勝は、本当に、本当に、すごかったです。
特に、最後の読み上げ算、億の単位などは、バンバンと問題にでてました
そして、2人のお子様がそのよみあげを聞きながら、そろばんをはじく姿など、みていて泣けました。
すばらしかったです。その2人のお子様たちは全国大会に出場されるとの事ですが、
検討を心から祈りたいです。
そろばんグランプリ・長野
プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる