FC2ブログ

大会。

土、日は、丹波島少年野球大会でした。
場所は、長野市南部の犀川南の更北グランド。
2日間の大会で、土曜日に勝てば、日曜日も試合ができるという流れでした。

毎度の事ながら、土曜日は仕事のため、応援は行かれません
帰宅後に聞くと、「完投勝利。」 

おお~ 良かったね~。って事は投げたんだ。

次男は、4年生ですが、5年主体のチームなので、5年生のエースがいます。
が、2日間の大会のため、5年のエースの子は日曜日の日まで温存の作戦だったのでしょう。

日曜日は応援に行きましたが、途中まで出場なし。
お母さんたちに、「昨日、ずっと投げてたのに、これなくて残念だね。」といわれましたが、
まあ、いちいちついて回れないしね。仕方ないです。
それに、野球はチームプレー。でなくても、協力することいっぱいあります。
子供が健全に成長できればそれでいいんだし。

次男は、ちっちゃ~な声で、ランナーコーチしてました・・・。
横で、母は、思い切り大声で応援してましたが。
だって、4.5年生の野球って、ほぼ気の持ち様・・・ってとこ、ある。っていうのが、持論。
よっぽどの実力差がない限り。

次男など、ピッチャーのときなどは淡々と投げていればいいけど、
ランナーコーチはそれじゃだめでしょう。

その行動には仕方なく黙ってましたが、
途中から出場して、最後の最後、
タイブレークで、3塁ランナーでいたときは、言ってしまいました。

「(次男に向かって)T!、お前、(ホームに) かえんきゃ負けんだぞ

すぐ近くだったから、小声でしたが、ひどい言葉づかいです。

が、こんなときは必死さがモノをいうんです。

まあ、子供なのでね・・・。
恥ずかしがりやの次男ですが、野球のおかげでなんとか少し声が出るようになり・・・。
徐々に声をだすことで、士気を上げていくことを体験で学ぶでしょう。

結果は、ははたちの応援のおかげで初めての優勝となりました。

Bチームで、しかもシードだったので、2回しか試合しておらず、
決勝の、実力は微妙な感じではありましたが・・・・。
でも、何度もピンチをしのいだので、それは今までにない成長振りでした。

そして、1回も勝った事ない相手だったので、みんなすごく喜びました。(親が

ダイヤモンドを行進。
優勝行進

長野市の犀川更北グランド、野球日和の2日間でした。




プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる