FC2ブログ

そろばん検定。

昨日の日曜日は、子供たちのそろばんの検定日でした。

長男は、数ヶ月前、「今日に限って、なぜか指が全然動かなかった
などといってだめだった経験上、

(あの時は、夫が送っていったのですが、外で商工会議所の方が、看板を出している最中、
誰もまだ来ていなかった時間にひとりぼっちにしておいてきてしまったのを
ひそかにムッとしているため・・・。)

つい、2階の席まで送っていって指が冷たくないか とか、
騒がないようにしなさい など、お世話焼きをしてしまいました。・・・しかも長男だけに。

というのも、ここで長男がまた落ちて、次男が受かってしまったならば、
長男ががっかりしてしまい、収拾がつかなくなってしまうからです。

そろばんの教室に行きはじめたのが、長男は3年生の9月。
ただついていっただけの次男も、そのときいきなり ゛やりたい ゛と言い出し、
結局一緒に始めたのですが、長男がリードしていたのは最初だけ。

どんどん、次男が追いついてきてしまい、長男がかなり悲しい状態に・・・。

みかねたわたしは、教室の先生に相談して、週2回だったそろばんに行く日を
3回にしていただきました・・・。
(週、2回でも、3回でもお月謝は一緒なのです。)

先生がおっしゃるには、「みんなどこも、そーなんですけどね・・・。」

・・・うかがったお話によると、兄弟で珠算教室に通っている子供はほとんどみんなが、
下の子が上の子より上の級をやるようになっちゃうって意味です。

・・・追い越しちゃうのだそうで、それでも個人でやることなので、みな、気にしないで
(気にしている子もいるかもしれませんが、先生がおっしゃるには気にしていないとの事)
続けるんだそうです。

・・・まあ、こうしたことも、わたしが習い事でそろばんが一番いいなって思う理由なのですが。
自分は自分、っていうことを再認識できる気がするし、自分なりにやれば、
以前の自分よりは、ゼッタイ進歩するって事が実感できそうなので・・・。

が、うちの長男君は、すごく嫌だったらしく、週3回にして自分なりにはがんばっています。

なので、その気持ちはなんとか~と、つい思ってしまいます。

長男 「今日はぜんぶ問題できた~

わたし「そっか~。良かったね~

次男 「ぼくなんて、見直しまでできた~。」

わたし 

長男 「ぼくは5問しか見直しできなかった

次男 「それだけ~ 」どこまでも余裕な雰囲気をかもしだす次男・・・。

長男  ・・・・・。

わたし「だっ大丈夫だよ 今日は、ぜんぶできたんだしさ。」

・・・たぶん、本当に大丈夫だと思う・・・。思いたい。

珠算検定は、篠ノ井の商工会議所で行います。看板、はげかかっているのは直してほしい・・・。
やっぱり篠ノ井って、便利な場所です。珠算検定
珠算検定..




プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる