FC2ブログ

読書の秋・・・も、もう終わりですが。

子供の通っている小学校、現在建て替え中です。

わが家の次男君は、5年生までは、かなりの頻度で
図書館に足を運び、たくさんの本を借りておりました・・・。


図書室の先生に、「(あまりたくさん借りるから)本当に読んでるの?」
といわれたことが、とっても悲しかったことと、
その後6年生になり、教室となった仮のプレハブ校舎の場所が、
既存の建物にある図書館からすごく遠い場所になってしまったことが原因で、
6年生になってからの、図書館に行く頻度が激減しました。

まあ、学校生活も忙しいもんね。休み時間もけっこう少ないし。
それにしても、図書館の先生のその一言はちょっと・・・。
悲しすぎます。

毎日の会話で、次男が本をたくさん読んでいることは、
私にはわかりましたが・・・。
図書館の先生なら、ちょっと話してみれば
絶対にわかるはずですが・・・。

子供に発する言葉、気をつけなくっちゃ・・・。
と心底思ってます。

そんな中、やはり好きなものに関係してる本には、
それでもはまっているようです。

今借りているのが・・・。
DSC09301.jpg
これは知らなかった・・・。

あさのあつこさんの小説 ゛バッテリー゛の続編のようなものらしい。

少し前に、ブログでも触れましたが、
次男が、バッテリーにはまっていて、私と話をしていたときに、
長男に、続編があることを聞いたようです。

次男が言うには、「Kちゃん(長男)バッテリー読んだんだ。以外。」
というように、長男は、野球がきらいです。

好きでも嫌いでもないのではなく、 きらい といっています。

が、本はすごく好きなので、しっかりこのシリーズは読んであったらしく、
続編であるこの、゛ラストイニング゛の存在を教えてくれたのです。

K恐るべし。まあ、おかげで私も読むことが出来ました。

ボーイズ杯

11月22日、次男の入っている少年野球チームで出場する、
長野ボーイズ杯という大きな大会がありました。

シーズン終わりの大きな大会ということもあり、
トーナメントということもあり、なんとか勝ち進みたい!
いい思いで終わりたい! という気持ちで出場しました。

場所は県営球場。
組み合わせの関係で、次男のチームは、初日は県営球場、
2日目は犀川河川敷、3日目がまた県営球場というような
日程での大会でありました。

初日は
開会式後、一試合のみ。
県営球場は、バック(キャッチャー後方)が広いので、
ワイルドピッチ、パスボールがあると、
あらっというまに得点になりがちです。

子供達、みんな一生懸命です。
こんなに広い本格的な場所、立っているだけで緊張しそうな場所で、
しっかりとボールを追うことができるようになって、
みんな、本当にたくましくなりました。

次男は、大きな声を出すのが苦手なせいか、
総監督にまで、
「野郎は緊張しねーんか。こっちでみてて全然わかんねーなー。」
などとよくいわれます。
まあ、リアクションが小さいため、そのように見えるのでしょうが。

でも、高校野球などをみるたびに、
自分を追い込むような緊張とかはもったいないし、
野球の勝負は特に、心理戦や、作戦の読みあいをしやすい
スポーツだということを、しつこく話して、
私なりにはメンタルトレーニング、してるつもりなんですけど。

まあ、次男の心にどれだけそれが浸透しているかはわかりませんが、
それなりに、気持ちはだいぶ強くなったと思っています。
もう少し、大きな声が出せればいいのだけれど。
DSC08659.jpg
初日は勝ったのですが、2日目に負けてしまい・・・。
守備はがんばったのですが、全く打てず・・・。
DSC09056.jpg

立ち上がりにとられてしまった1点が悔やまれ、悔やまれ・・・。

次男いわく、「(相手チームの)お母さん達の応援に負けた。」
まるで、アイドルの追っかけのようなその黄色い声に、
集中できず、やられた・・・そうです。

「でも、そういうのにも動じない気持ちでやらなくっちゃ!」
などと私がいった瞬間、
「子供にそんなの無理だから!」と言われてしまいました・・・。

確かにすごかったんです。
何オクターブかわかりませんが、高い高い、その声が。

ごめん・・・。そうだよなー。
そのとき、あたし、まだバタバタしてて、励まさなかったからな・・・。
油断がそこにあったのでした。

自分の中に、まだはじまったばかりだから・・・。
というような、安易な気持ちが。

のっけから集中しなくちゃいけなかったのに、
試合に集中できてなくて、その間に1点にしてとられてしまったことに、
次男に対してかわいそうなことをしたと、悔やまれ悔やまれ・・・。

次男がそんなこというなんて・・・。あたし、応援に行った意味なかった。

そして、ピッチングがよかっただけに、打てずに終わったことが、
かなりのフラストレーションとして残ってしまったのでした。

最後の試合、その子なりに悔いなく・・・と思うと、
しっかりみて振り切ることしか思い浮かばなかったけれど、
あとで冷静になって考えてみると、
そうではなくって、塁に出ること、
考えなくっちゃいけなかったのかも・・・。

ファーボールでも、何でもでて、進塁しなくちゃ・・・。
なんといっても相手チームのボールがかなりゆるい球で、
子供達ほとんどの打席、早撃ちで、内野ゴロの連発。
相手チームにアウトの献上をしたようなものでした。

そうだったとしたら、声援も違っていた・・・。
勝ちにこだわらなくちゃいけなかったのに。

帰ってきて話を聞くと、次男はまずいと思い、セーフティ、試みようとしたけど、
ノーサインだったから、迷ってしまい自信も持てなかったから、
結局それもできず、結果、ただの内野ゴロになっちゃった・・・。といっており・・・。
(そういえば確かにそうした場面あった・・・・。)

次男のそうした気持ちに、いち早く気がついていれば、
何でもいいから、塁に出ろっ!出ればいいんだよ! って言えたのに。
そうしたら、次男も実行しやすかったのに。

たとえ失敗したとしても、そのほうがまだ、
なんとか工夫はしてみた・・・けど駄目だった・・・
まあ仕方がない・・・などと思えた気がします。

ダメダメでした。
これまでの数多い試合の中で、最悪の記憶として残る試合・・・
となってしまいました。

でも、ピッチングはかなりよかったんだよ!
などといっても、結果、1点とられてしまったのだから、
負けてしまったのだから、フォローにはなりません。

立ち直りには時間がかかりました。




先週に引き続き・・・人間ドック。

先週に引き続き、昨日またも人間ドックの続きの検診に行ってまいりました。

といっても、先週できなかった項目のみだし、場所も、
当社より徒歩2分の場所にある、篠ノ井厚生連病院さん、
行って受診して、帰ってきたとしても1時間足らず。

おかげさまで、特に心配なしとのことです。

よかったです。

検診に行く前はとても不安ですが、いくことによって、
自身の体のことも考える機会となり、
私にとってはまあ、いいようです。

今回も、以前は大丈夫であった、貧血が指摘されました。

苦手ではありますが、レバーなども食べなくっゃ・・・。
などと考えるいいきっかけともなります。

ドックの病棟には、小学校の同級生が看護師で勤めており、
早速に、「もう、野球も最後の終わったね・・・。」などといわれました。
子供の学校も、所属の野球チームも違うんですけど。
まあ、このあたりでは大きな最後の大会ということは、
長野市全体ではみんな一緒だしね・・・。
少年野球、しているおうちでは、みんな考えること、一緒のようです。

そうなのです。少年野球の大きな大会、連休で終わったのです・・・。


びっくり仰天!

おととい(水曜日)、長男を送っていくときに、すごくびっくり仰天しました。

つい昨日(火曜日ではないかもしれませんが、そのぐらい自分の中ではつい最近)まで、
何もなかった敷地に、スゴイ高い建物が・・・。
・・・でも日曜日には絶対何もなかった・・・と思う。

自宅近くの敷地で、そこに大きな社宅が建築されることは、
重々承知ではあったのですが・・・。
こうした大きな建物、骨組みは一気にできるものなのね・・・。
まあ、工期、短いほうがコスト、かからないもんね。

そろばん教室に昨日迎えに行った帰り、車中で次男は、

「まるで一夜城だ~。」
「こんなにあっという間に現れて(おれでも)びっくりするぐらいだから、
(一夜でできたように見えたお城には、昔の人はもっと)びっくりするわ~。」

なるほど~。
確かに歴史的にそんな感じで言われているお城、あるね~。

実際は勿論、一夜ではないし、昔々の言い伝えなのでわかりませんが、
もし、一夜城といわれたものがこんな感じで目の前に出現したら・・・。

すごーく、次男の言うこと、わかる気がしました。

しかもあっちは、4階建てだったのね。3階建てかと思ってた。
そのせいかどうか、本当にびっくり しました!
DSC08321.jpg

少し前に、月を見た、ほぼ同じ位置から・・・。
DSC08323.jpg
こちらの手前にも出現すると思いますが、はたしてどんな感じ
(何日城) なのでしょうか・・・?
かえって楽しみになっちゃいました!

字の書き方。

9月に、野球チームのみんなからヒンシュクをかいながらも、
次男的には 「懸けていた・・・」らしかった、暗算検定。
準二段だったとのことで、賞状をいただいてきました
DSC05868.jpg
次男の話によると、数字の書き方がきれいでないと、
得点にならない・・・・とのことです。

練習でいつもどおりの数字を書いたところ、
「先生に、ほとんど×にされた。」 などといっており・・・。
なるほど~。検定によって、いろいろあるのね。
指導も的確にしていただいて、先生には本当に感謝するばかりです。

確かに重要視する項目は、それぞれ。

珠算の場合、きっと一番は正確さではあると思いますが、
その後に続くのは、スピード(速さ)だ と思いきや、
記述の見易さ(きれいさ)だって、重要だもんね。

能力を検定に反映させるには、
やっぱり早いとその能力は高そうなことは、
誰にでもわかりやすいことではありますが、
あまりに判断に迷う記述だと(わかりにくい数字だと)
実際の現場で生かすには無理があるし、
採点だって困るものね。

次男の学校の担任の先生は、
「5段階の字を活用できるようにしなさい。」
とおっしゃっているそうです・・・。

なるほど~。さすが、先生。
そんなこと、考えたこともなかった・・・。
記述をすることの多い、子供達にはけっこう重要かも。
(普段の勉強とか、テストとか、日記とか・・・。)

 これは次男は得意とすることです。
担任の先生に言っていただいて、よけいに堂々とやってます。

私が、ちょっと字がイマイチだね・・・などといおうものなら、
「これは4段階の字ですから
と、しっかり主張しています。

まっ、いっか。
それぞれいいところ、あるしね。

親子試合の結果・・・。

先週の土曜日、午前中で退社させて頂き、
次男の野球チームの親子試合なるものに出かけました!

先週の様子から、次男が気合を入れて投げるだろうと思い、
しっかり空振りするか、なんとかあてようと思っていたわけですが、
子供達全般に、すっかりゆるやかペース。

あとで聞いたところ、
「だって、コーチたちが、お母さんたちを絶対勝たせろ的オーラだすんだもん。」
といっておりました・・・・。

そーなんだ。コーチたちも、子供たちも大変ね。
そんな気を使っていただいて~。
でも、別によかったのに~。

なので、試合は ままさんふぁいたーず の勝ち。
私のバッティングは2打席ともゴロに終わり、
しかも、守備ではトンネルをしてしまい、非常に残念な結果に・・・・。
このトンネルはかなり悔やまれました。
かなり痛烈な当たりではありましたが、一瞬、 ゛とれる! ゛ 
と 思ってしまったのがいけなかったと思います。

次男に話したら、「まあ~いいんじゃないの~。」などといっておりました・・・。

それにしても、グラウンド内にいると、よくボール見えます。
子供たちの気持ちが少しわかって楽しかったです。

日々進化。

昨日は人間ドックでお休み頂戴しました。

母の計らいで、もう何年も続けて毎年受けております。

続けていつも受診しているので、多少慣れっこになってしまい、
送られてきた封筒の中身を確認せず、
事前に送らなければいけない書類、
送るのを忘れてしまいました・・・
・・・今まで、事前に送る書類なんてなかったんです・・・言い訳。

書類というのは、胃検診の問診表です。
バリウムを飲んでする胃検診だと、ドック当日にできるのですが、
胃カメラでの検診は、ドック当日にできなかった・・・
という問題を解消していただけるためのものでした。

3年前から、胃検診は胃カメラでの検診だったので、
出しておけば、当日できたかもしれないのに~。

確かに、人間ドックの当日に胃カメラの検診もできると、
とっても楽なので、私もそのたびに面倒がっていました。
でも、毎回(といっても2回だけだけど。)ドックの当日に、
胃カメラの予約をとるというシステムで、
どうしても胃カメラの予約は混んでいるので
昨年も、システム上絶対に駄目との回答だったのです。

書類によると、今年から改定になったとのことでした。
やっぱりそうした声が多かったと書いてありました。

もう提出期限は過ぎており、あきらめでいったところ、
まあ、昨日は当然できなかったわけですが、
帰り際に、キャンセルが出たそうで、
翌日(つまり今日です。)いきなりどうかといわれました。
予約がとれるとのことでした。

胃カメラの検診は完全予約なので、検診自体は、あまり時間かかりません。
なので、お願いして、今朝、受診してきました。
9時からで、事務所に9時半にはつきました。

ラッキーでした☆

今回は、人間ドックの内容や、すすめ方なども、
昨年とか、これまでと大幅に違ったところもあり、
日々、医療現場の方々は、工夫したり声を聞いて下さって、
かかる側のことも考慮してくださっているんだな~
と、感心致しました。

かかる側も、ちゃんと送られてきた書類を確認するとか、
きちんとしないといけないな~と、深く、深ーく、反省いたしました。

それぞれの一生懸命。

今日は数日前にも書いた、次男の野球チームの ゛親子試合゛の日です。
午前中は普通の練習とのことで、お弁当を持って出かけました。
DSC07704.jpg

で、長男は長男で、学校で漢検・・・漢字検定があるとのことで、
お友達と出かけていきました・・・。

長男は、来週は数検、再来週はビアノのグレード試験を受けるとのことで、
まあ、熱心のような、数打つ鉄砲玉のような・・・。

私が受けるんじゃないし、本人が受けたいって言っているので、
仕方がありませんが、そのための勉強をしているのかというと
??? という感じ・・・イマイチわかりません。

今日の漢検に関しては、前回の(いつだったかは忘れましたが)反省に一応触れて、
問題集の過去問を当日やることはやめてくれ!
と、3.4日前に私が言ったので、さすがに昨日までには終わらせていたようです。

・・・だって、折角問題集買って、当日にその真ん中辺やっているって・・・。
終わりまでやっていないってことでしょう・・・。もったいないし・・・。
その心構えもまずいでしょう・・・。
DSC07706.jpg
一緒のお友達は「緊張で足が震えてる・・・。」といってました。
それぞれです。
みんな受かるといいな~。

午後は社長ひとり営業です。
また、月曜日は人間ドックということを昨日思い出しました。
参観日2日もあったりして、うっかりしてました・・・。
長男のこといえない・・・。思い出してよかった・・・。

ということで、月曜日はお休み頂戴いたします。

よろしくお願い申し上げます。



ポインセチアちゃんを家の中に入れました。

前回の記事を書いてから2週間過ぎましたが、ここ数日寒くなってきたので、
いよいよポインセチアちゃんを室内に入れました。

お店で売っているようにはなりませんでしたが、
けっこう赤くなりました・・・。

でも、下のほうの葉が元気ありません。
乾燥しすぎているのかもしれません・・・。

が、これまでで、一番赤くなりました
ポインセチア
赤くなると、華やかで、まみどりだったのがうそのようです。
前回のポインセチアちゃん

親子で思案中・・・。

この時期、夕方5時を過ぎると、もう真っ暗です。

夕食の支度をしている間、ふと外をみると、
次男は、素振りとボール投げをしてました・・・。
DSC07656.jpg
少年野球の大会があと1つを残すのみとなった為か、
はたまた、今週末に迫った親子試合で、
私を、゛ めっためた ゛に三振にとる為かどうかは不明ですが、
今週はランニングをしたり、素振りやボール投げ、熱心です。

めっためたに三振をとるためかも・・・という理由が・・・。

昨年の親子試合は、土曜日だったので、出られませんでしたが、
その前の週の日曜日、親子試合のための練習のとき、
私がバットによくあてていた・・・。
そして、子供らの間ではそれが話題になっていた・・・。
(まあ、全然、あたり、よくなかったんですけど・・・。)

という話を、先週次男がしており、
「今年はめっためたに三振をとってやる~。」
などと意気込んだわけです。

その言葉を聞いた私は、
「あったり前じゃん。こんなにご飯くれてるんだし

などといったなら、きょとんとしております。

大体、毎日ご飯つくって、毎週のようにおにぎりやお弁当用意して、
野球の練習にこんなに協力していて、これであたしごときに打たれてどうすんの
ありえないでしょ

などと言ったわけです。

まあ、これであたしにあてられたら、カッコ悪いもんね。

でも、あてるだけなら、できそうだけど
だって、子供たちより、格段にスイングスピード遅いんだもん・・・。
当たる確率、高いよね・・・。
まあ、これはひみつ!だって言っちゃうと、頭使われちゃうから。

来週のブログ、お楽しみに!
DSC07671.jpg
DSC07672.jpg

お休み頂戴いたしました。

昨日は中学校の授業参観日で、お休み頂戴しました。

午前中は、パソコンとにらめっこ・・・。
野球チームの5年生にあげるためのDVD、
なんとか最後を残してなからになり・・・。
いよいよ卒団DVDに、四苦八苦しています・・・。
が、ここは計画的にがんばらねば。

中学校の授業参観は、人権がテーマで、授業参観をして、
その後、体育館に移動、講演会を子供たちと聞いて、
そのあと学年PTAに参加してきました。

講演会は、バイオリン演奏も交えたもので、とてもよかったです。
真剣に講演を主催して下さった方も安堵されたと思います。

子供たちも落ち着いて聞いている様子で、それをみて一安心。
中学生の感性にどのように響いたかは、
自分が中学生ではないのでわかりませんが、
聴いている様子をみる限り、とても真摯に向き合っていた気がします。

講演会の内容がよかったせいか、学級PTAがなかったためか、
午前中、お休み頂戴したせいか どうかはわかりませんが、
いつもの ゛ながかったな~゛ということがなかった1日でした。




こんな大っきなのがあるんだ~。

先週の連休中でしたが、帰宅したときにびっくり! 
でているお菓子は、小さい箱に入っていたものとのこと。
DSC06417.jpg
そして、大きい箱の中身・・・。
DSC06423.jpg
聞くと、通っている塾のお祭りにいって、クイズ大会で優勝したとのこと・・・。
で、その景品とのことです。

一緒にいったお友達ももらったとのことです。

夏休み明けから、塾に通い始めた長男には、
初めてのことで、行く前から楽しみにはしていたようです。

塾でお祭りやるんだ~。
私も、最初聞いたときにはびっくりしましたが、
こんなにびっくり仰天の景品を出してくれて、
長男はとっても楽しかったようです。

私も御相伴に与りました。
話も聞けて、楽しかったです!

昨日の月。

昨日、月、みましたか~?

事務所を出るときにみたらびっくり! しました。

まっきいろで、とっても大きかったです。
急いでいたため写真なし。

次男を送迎してから、自宅近くに来たところ、普通の白い月に変わってしまいました。
次男が言うには、「今日、スーパームーンだよ。」とのこと。

スーパームーンと、満月って、違うの?
と聞いたところ、スーパームーンはより大きく見えるものとのこと・・・。

知らない話がいっぱいあります。

自宅近くから・・・。
ここには、某大手企業の社宅が建築予定・・・。
3ヶ月もすると、この角度からは月は見えなくなる・・・のでしょうね。
DSC07202.jpg

活気がある感じがします。

昨日は、一戸建ての賃貸物件の契約がありました!

ご自宅を建替えの間、借りていただく方です。
年齢的には現役にてお勤めされている、まだ定年前の方。
お引越しや、荷物の整頓、大変かと存じますが、すごいなー。

その後、別のやはりご自宅建替えの間借りられる方もご来社。
こちらの方には契約書をお渡し。
年齢的には先の方よりもご年配。

賃貸物件を借りていただけるのはうれしいのですが、
こちらも、お引越し、荷物の整頓、ホント大変そうです。
お体、くれぐれもお大切に~。などと本気で思ってしまいます。

だって、大変です。何十年分の片付け。
でも、時期にがんばっておけば、
あとにいってきっとよかったと思うと思います。
お子様達も有り難いでょうね~。

たまーに、アパートのオーナーさんのお宅でも、
お年寄りの方の荷物がたくさんありすぎて、
困っているというお話を身近に聞くだけに、
世の中の終活ブームもわかる気もします。

ハウスメーカーさんや、同業者からのお問合せで、
建替えの間の賃貸物件利用のお電話、ほかにもたくさんありました!

少し前までは、土地、建物一緒にご購入の話が多かったのですが、
9月頃から、お建て替えのお話が多くなり・・・。

私の個人的考えでは、終活ブームと、消費税の関係が、
自宅建て替えを後押ししているのでは・・・・?

懇意にしているオーナー様も、新築のアパート、ご計画とのお話もあり、
篠ノ井周辺は建築ブーム・・・・?

まあ、活気があっていい感じです。

記憶の定着。

昨日、次男が宿題をしておりました・・・。

次男  「むらさきしきぶが かいたのって、どっちだっけ?ねーねー、どっちだっけー。」

・・・。まあ、おそらく、清少納言さんの枕草子と、一緒に記憶しているのでしょう・・・。

次男  「まくらのそうしだっけー?」

・・・。案の定です。

私   「違うでしょ! 源氏物語でしょ!」

次男  「あっ。そうだ、そうだ!しょうがないじゃん、セットで覚えてるんだから。」

私    ・・・覚えてないじゃん・・・。

などといっていたあと、ふと、プリントをみると、源氏物語の字が、
゛ 源字物語 ゛となっています・・・。

だめだこりゃ。

夕食後、小説 ゛バッテリー ゛ 
(あさのあつこさんの小説で、野球少年の中学生、原田くんが主人公の話)
の話となりました・・・。

家に、文庫本で全巻そろってはいますが、
小学生の次男にはどうかな・・・という感じで、
特に教えていなかったのですが、
先日の東京社会見学の際に持っていく本がないとのことで、
1冊目を貸したことがありました。

その後、図書館で、子供向けに出している゛バッテリー゛ を
見つけたようで、最近はまっているとのことです。

次男  「今、はらだが、ひめってよばれてんだよ。」
私    「ああ、手がきれいって設定だしね。あと、先生にも逆らわないしね・・・。 」
次男  「えっ そんなことないよ。」
私    「ああ。そうか、でも、あの国語の先生とかにはやさしいんだよね。なんてったっけ?」
次男   「おののこまち。」
私    「あっそうだ。じゃ、男の先生は?」
次男   「オトムライ。」

あってる・・・。
確か、よく考えたら、先生2人はそんなあだ名で、
主人公の少年は、国語の先生意外には、わりと反抗的な子であった・・・。

私    「さっきは源氏物語もわからなかったくせに、こういうのはよく覚えてるね。」
次男  「愛読中ですから。」

やっぱ、野球がらみのような、自分に興味のある話だと、
記憶に残りやすいもんね。

誰だって、そうだよね。

納得感。やりきった感。

昨日のブログで次男の所属するチームが、
1回戦負けした話題を書いたわけですが、
4日は別の大会で、なんとか準優勝することができました

1日4試合という、ちょっと大変な日ではありましたが、
シードでないので仕方ありません。

そして、私も最初こそ、写真のリベンジを考えましたが、
次男の弱気なピッチングで初回いきなり1点をとられ、
もう、早速に写真は捨てました

写真は写真。試合は試合。

いい写真が撮れて、あとでみていいとは思っても、
子供たちには今の、勝利の喜びのほうがいいに決まってます。

こうした私の声援もあってか
なんとか3試合は勝つこともでき、
決勝戦でも、1点差にまで追い上げることもでき、
準優勝することができました。

が、子供達、まけた決勝戦の内容には、
いまひとつ納得がいかなかったようで、
泣いている子もいました・・・。
(これはとっても写真的。
あたしにとってはいいシャッターチャンスがあってよかった~。)

まあ、納得のいく試合内容とはなかなか難しいものなんだよね・・・

私も納得のいく写真、ほとんど撮れてないしね。
それでも、この日は、写真より声援選んでよかったし、
(3回も勝ったし) それはそれで自分なりには納得してるけど、
いい写真を撮るという目標からは、全然納得できてない・・・。

まあ、こうしたことがさらなる上達や、選択肢である道を、
決めるすためのきっかけだと思ってます。

少年野球はもう、大会も活動も残すところあとわずかです。

それぞれが、 ゛やりきった感゛ が持てるように、
あと少しではありますが、がんばる子供たちを応援したいです。
DSC06498.jpg

IMG_7083.jpg

やろうと思えばできるのだけど・・・。葛藤の時間。

昨日、おとといの連休…。
相変わらず、次男の野球の応援観戦で終わりました・・・。

フォトムービー作成の為に、本気でいい写真が欲しかったので、
日曜日はあらかじめ、声援は送らず、
カメラに集中しようと決めてかかったわけですが、
(声援していると、いい写真、撮りづらいので。)
突如、ちんやり旋風が吹き荒れて、なんと1回戦敗退。

子供達、朝の練習ではあんなに明るく元気だったのに。

勿論、途中でやばそうな雰囲気になった時点で、撮影はあきらめ、
なんとか励まし声援をすることになってしまったわけですが・・・。

その後何度も急場をしのぐこともでき、
追いつけそうな展開もあったのですが・・・・。

残念ながらの結果となったわけです。

どのみち負けてしまうんだらったら、それはそれで声援もせずに、
写真に集中したほうが、写真的にはいいものが撮れたはずなのですが。

やはり母としては、そんなことはできないもので・・・。
ついつい、そうした状況になってしまったならば、
なんとかしてやりたくなってしまい、声援をおくって、
ちんやり旋風を吹き飛ばしてあげたくなってしまいます・・・。

結果、またしてもいい写真は撮れず・・・。
いい写真って、なかなか難しいわ・・・。
DSC05913.jpg

雨のおかげで・・・。

今朝は雨が降っていたので、長男の部活が中止、
次男の野球の練習もお休みとのことで、
子供達をつれてきました!

そして、雨が降る中、事務所の前面道路と歩道との間の花壇に、
パンジーを3人で植えました!

手伝ってもらったので、早く終わって、
雨のおかげで、わたしはラッキーでした☆

無事、根付いてくれるといいのですが・・・。
プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる