FC2ブログ

靴紐の結び方。

今朝、次男が出かけるときに玄関で、靴の紐を結びなおしていました。
結びながら、「最近、よくほどける。」

見ていると、私が小さい頃に教えた結び方でなく、
面白い結び方をしていました。
学校の上履きなどはこの結んだ後、
残っている紐も、まだ何か細工してあります。
ぱっと見、みつあみに見えるような感じに…。
もちろん1本しかないからみつあみじゃないけど。
そしてなんか、おしゃれな感じ見えますが、本人曰く、
「ほどけにくい。」
どうやらお友達に教えてもらったようです。

見ていながら思い出したのでしたが、
次男は中学校に入ってから、
変わった結び方、していたのでした。

前にもブログに書いたことあったかもしれませんが、
まず、最初の二本の紐のねじり方からして違う。
(この最初の部分は小学生のころから。)
見ていて気持ち悪いから、何度か言ってはみましたが…。

…でもまあ、次男はちっちゃい時から鏡文字も書くし、
本人の世手もあるし、また本人の気力次第ということもあるし、
これはもう仕方ないかな~と、ある時からあきらめていました。

で、そのあと(一番初めの、まず2本をバッテンにしてから、
どちらかを上から下にして、絡げたそのあと)
一般的には1本を輪にしてからもう1本でその輪の口に、
紐をまきつつ、もう一つ輪を作りながら2つの輪を作りつつ、
輪を引っ張って輪の大きさを調節しながら結ぶということをするか、
輪をはじめから2つ作ってそれをまた最初のバッテンように絡げる…。

の、2つのうちのどちらかだと私は小学校で教えてもらいました。
(高原学校の前に、靴紐の結び方として練習した…。気がします。)

どちらも、大きく分けて、結ぶ作業が、
前半の作業と、後半の作業に分かれていると思います。

そして、その後半が、なんか次男のは早くてよく分からないので、
「(結ぶの)スゴイ早いね。」と言ったら、
「錦織結び。福原愛とかもそうっぽい。」との回答。

錦織さん、福原さん、次男が呼び捨てにしてしまっていて、すみません。

どうやら、テニスとか、卓球の選手の方がされている結び方ということです。

だったらほどけにくいはずだから、簡単にそれがほどけるんだったら、
最初の(工程…つまり2本をバッテンにして絡げるやり方)が、
違うんじゃないの~?

と言ったら、やり直していました。

果たしてどうだったのでしょうか…?

次男に聞いてみないと分かりません。


プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる