FC2ブログ

プラスしていきたい。

昨日の夜は、親戚の叔父の家に行きました。

叔父がなくなったからです。

基本的には自分の父が長男で祖父母と一緒の家族構成だったので、
小さい頃のお盆やお正月は親戚が自分の家に集まってきたのでしたが、
昨晩行った親戚の家には年齢の近いいとこがいたので、
お盆でない夏休みとか、冬休みには泊りに行ったりしていた家でした。

無口でとおっていたいた叔父でしたが、
たまに会うおしゃべりな姪相手には、
比較的よくしゃべってくいた気がします。
遊びに行った日は夜遅くまでおしゃべりしていました。

初めて一人でバスで遊びに行った時も、
最寄りのバス停まで迎えに来てくれたり、
ドライブにも連れて行ってもらったり、
子供のころのとても懐かしい思い出がいっぱいあります。

昨晩は夕方まで事務所にいたので、その後夕食の支度をしてから、
ひとりで行ったので、ついた時間には既にお通夜のお参りは終わっていて、
親戚ご一行もおらず、その家にいたのは叔母といとこたちと、
いとこの子供たちで、ワイワイとにぎやかでした。

時間の流れは確実です。
その光景を見て、昨晩は本当にそのことを実感しました。

叔母は自身の実家である、私の実家の父や祖父母の命日には、
ほぼ必ずお墓参りに来てくれている、とても芯のある人です。
なのでたまに叔母にはお墓で会っていたのでしたが、
叔父にはもう数年会っていませんでした。
なので、叔父のことは悲しかったです。
同時に、とても実家のことを心配してくれている叔母が
私はとても心配でしたが、それでも昨晩は、
たくさんのお孫さんたちがいてにぎやかなのを見て、少し安心しました。

というのも、最後に外まで見送ってくれたのは、
叔母といとこ(叔母の第一子長女)と、
叔母の孫(叔母の長男の長男)だったのでした。

叔母といとこはまあ当然といえば当然ですが、
お孫ちゃんがだれにも言われないのに、
自分から進んでお見送りに来てくれたのには、
とってもびっくりしたし、感心しました。

やっぱ、第一子だわ~。
ものすごく責任感強いし。

…まあ、自分も第一子なので第一子びいきです。
…叔父と叔母は、第一子ではありませんが。

昨晩はとてもおさみしい日ではありましたが、
未来明るい二十歳そこそこの少年の行動のおかげ様で、
それでも、とても希望を感じました。

人は亡くなってしまっても、これまでのことはなくなりません。
そうした思い出に、昨日のような希望をプラスしていきたいです。

思い出の上書きでなくって、あくまでも、思い出のプラスを…。
していきたいです。












プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる