FC2ブログ

=第20話=

皆様こんにちは、最近庭で採れた新鮮な野菜を使ったオリジナルパスタを食しながら『メタボリック症候群』と日々格闘しております待井忠雄(しぜんはしこう)です。
それにしても今回の大雨には、ビックリ仰天!仰天ファイヤー!しちゃいました。庭の畑の野菜達にもストレスを与えてしまい、“お前達を守れなかった父さんを許しておくれ!!”と、我が子の様に愛情を注いだ野菜達に深く詫びを入れ、反省している次第です。(なんて優しいんでしょう!)実際は作り手=母、食べ手=私、で~~~す!(なんて正直なんでしょう!)

まぁ、なんと言っても『自分で育てた作物を自分で食べる』これ程健康的で素晴らしい事はありません。
食生活が乱れがことの外騒がれている昨今、私もこの問題に関しては、幾年も前から関心を持ち、親しい仲間内には提言して参りましたが、時はやって来ました。今、私が言わずして誰が言う!未来ある子供達の幸せを誰が守っていくのか? そうです、我々親なのです!(あっまだ独身だった・・・)細かい事はどうでもいいが、『食』がいかに大切なことであるかを今回はちょこっと講釈ろう!
“毎日飲んだくれているオッサンが何を言う?!”と思っているアナタ! そういう事は、私の肌のツヤを見てから言いなさい! 知っている人は知っていますが、私の肌はとってもツヤツヤツ・ヤ・り・ん・こ・!です。
実際に肌年齢テストをしたとしたら、25才前後チョボチョボ出す自信があります。(まだシャワーも弾くぜ!!)ポイントは3度3度の食事をキチンと取り、プラス たぁっぷりの睡眠! プラス快使! 最後に『飲酒』です。が、ストレス発散をさせるための楽しい『飲酒』をすることです。このバランスを保つためには、『食事』が最も重要なポイントを占めているのです。1日、1食や2食で更に、ロクなものを食べてないないとすれば、空腹のためストレスは溜まり、睡眠もままならず、何と言っても気持ちの良いお通じは来るハズもありません。『食事』の1つが疎かになるだけで、このバランスはすぐに崩れてしまいます。肌をキレイに保ちたいのであれば、ズバリ『快便』が不可欠です。『快便』をしたいのであれば、その逆を辿って行きますと、快便→ 睡眠 → 『きちんとした3度の食事』へとゴールするのであります。その食事の内容も大事です。タカandトシのギャグ“欧米かよ!!”ではダメです。日本人は和・食・それもご飯を中心として、食物繊維が豊富な野菜をバランス良く摂取することが大事なのであります。若い方ですと、3度3度その食事では物足りなく、ストレスが溜まってしまう人がいるかも知れませんが、そういった方の対処方としては、例えばお昼の1食だけ好きなものを食べ、ストレスを解消し、又夜は少し控える、と言った具合に、朝、昼、晩の中で、ストレスを溜めない程度にバランスを取りながら、欧米的食事を控え、和に中心を置く。更に上をいきたい人は、私の様に自家製野菜を自分自身の手で料理をする家庭菜園もぎたて調理法がベストです。なぜならば、自らの手で育てた野菜であれば、農薬等による安・全・性・の心配はまずいりません。更に自らの手で調理することにより、調味料等も自分の手で使用するため食料が加工されても、自分の口に入るまでの全行程を自分自身で把握することが出来るからなのです。

これ程の安全性をもし都会で味わうとしたとすれば、ものすごいお金が掛かるハズです。それを何事もなく、あたり前の様にしている私は何て贅沢であり、幸せなんでしょう!この文章を書きながら今・、気・が・付・き・ま・し・た・。(母ちゃん有難う!)

いろいろと書きましたが、こんな風に3食キチットなんてなかなか出来ないんじゃ!本当は飲み過ぎた次の日は下痢でピ・ー・ピ・ー・して大変なんじゃ!これはあくまでも理・想・!大人はいろいろあって大変なの!わかった?!お・わ・り・!ーーーこんな逆ギレ風にまとめてみるのもいいんじゃネェ
皆さん食事は大切に! Fin


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる