FC2ブログ

お疲れ様でした。

昨日、この業界での大先輩である方の訃報を聞き、母とお通夜に行ってきました。
お一人でお住まいで、早くから目も不自由でいらしたのですが、
何でもご自分でなされていて、手作りこんにゃくなどもいただいたことがあります。

祖母の親戚だったこともあり、子供の頃からやさしくしてくれました。
小学校入学のとき、お祝いで、筆箱をいただいた記憶があります。
きれいな赤い色で、当時、はやっていた(かもしれない・・・そこは子供だったのでわかりませんが)
゛ベルサイユのばら゛ の きれいなキャラクター柄のものでした。
子供心にすごくうれしかったものです。
何年かしてその話をしたときは、本人さんは忘れていらっしゃいましたが、
私には、それ程うれしかったものです。

宅建業に携わるようになって、このお仕事の先輩でもあったことで、
いろいろお話しました。
分譲したりしたときは、足の歩数でながさを図ったり、
一人暮らしで、目が見えないので靴を玄関の四隅に放しておいてあったり、
工夫された生活ぶりでした。
手探りで、お料理したり、お茶を入れたり、お仏壇もいつもきれいでした。
ベランダには、多くの鉢植え植物があったりするのに、
それが生き生きとしていました。
目が見えないとは思えないような暮らしぶりでした。

お話をいろいろ聞くと、
私にはびっくりするような波乱万丈な人生であったかと思いますが、
長い間お疲れ様でした。有難うございました。
いいお顔 してました。
最後にお会いできて良かったです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる