FC2ブログ

記憶の定着。

昨日、次男が宿題をしておりました・・・。

次男  「むらさきしきぶが かいたのって、どっちだっけ?ねーねー、どっちだっけー。」

・・・。まあ、おそらく、清少納言さんの枕草子と、一緒に記憶しているのでしょう・・・。

次男  「まくらのそうしだっけー?」

・・・。案の定です。

私   「違うでしょ! 源氏物語でしょ!」

次男  「あっ。そうだ、そうだ!しょうがないじゃん、セットで覚えてるんだから。」

私    ・・・覚えてないじゃん・・・。

などといっていたあと、ふと、プリントをみると、源氏物語の字が、
゛ 源字物語 ゛となっています・・・。

だめだこりゃ。

夕食後、小説 ゛バッテリー ゛ 
(あさのあつこさんの小説で、野球少年の中学生、原田くんが主人公の話)
の話となりました・・・。

家に、文庫本で全巻そろってはいますが、
小学生の次男にはどうかな・・・という感じで、
特に教えていなかったのですが、
先日の東京社会見学の際に持っていく本がないとのことで、
1冊目を貸したことがありました。

その後、図書館で、子供向けに出している゛バッテリー゛ を
見つけたようで、最近はまっているとのことです。

次男  「今、はらだが、ひめってよばれてんだよ。」
私    「ああ、手がきれいって設定だしね。あと、先生にも逆らわないしね・・・。 」
次男  「えっ そんなことないよ。」
私    「ああ。そうか、でも、あの国語の先生とかにはやさしいんだよね。なんてったっけ?」
次男   「おののこまち。」
私    「あっそうだ。じゃ、男の先生は?」
次男   「オトムライ。」

あってる・・・。
確か、よく考えたら、先生2人はそんなあだ名で、
主人公の少年は、国語の先生意外には、わりと反抗的な子であった・・・。

私    「さっきは源氏物語もわからなかったくせに、こういうのはよく覚えてるね。」
次男  「愛読中ですから。」

やっぱ、野球がらみのような、自分に興味のある話だと、
記憶に残りやすいもんね。

誰だって、そうだよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こすもす

Author:こすもす
長野市の創業40余年の不動産会社に宅建主任者として、勤務中  (でもさすがに40年は勤めてないですよ!) の主婦が毎日感じるささやかで小さな幸せを発信中です。雨が降っても、そして雪が降っても (長野なので) そこに意味を見出し、幸せ感じて過ごせるといいなーと思ってます! また、そんな生活のお手伝いもできたらうれしいなって思ってます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる